WordPressテーマ「STREETIST」におすすめのプラグイン

「WordPressテーマ「STREETIST」におすすめのプラグイン」のアイキャッチ画像

「STREETIST」はテーマ自体に多くの機能を搭載していますが、一緒に入れておきたいプラグインもあります。

注意事項

おすすめのプラグインを紹介していますが、当テーマ「STREETIST」にて動作を保証しているのではありません。ご了承ください。

もちろん、実際に使用してテストは行なっております。

強く推奨するプラグイン

【必須】WP Multibyte Patch

日本語のサイトには必須のプラグインです。

文字化けを避け、文字数カウントを適切に行えるようになります。

【SEOには必須】Google XML Sitemaps

サイトを適切にインデックスしてもらうには、サイトマップのxmlファイルを出力するのがおすすめです。

「Google XML Sitemaps」はsitemap.xmlファイルを自動で生成してくれるプラグインです。

sitemap.xmlを検索エンジンに認識してもらうには、Googleの「Search Console」で設定を行う必要があります。

【運営者情報を表示するなら推奨】WP User Avatar

ユーザーのアイコンを設定するためのプラグインです。

【推奨】セキュリティプラグイン

セキュリティを強化するプラグインはいくつかありますので、好みの物をインストールして下さい。

ちなみに私は「All In One WP Security」というプラグインを使っています。

セキュリティを強化しないとサイトを改竄されるなどの危険があります。

お好みで入れるプラグイン

必須ではありませんが、お好みで入れても良いかなと思うプラグインです。

Classic Editor

このテーマにはビジュアルエディタで記事執筆を楽にする機能が盛り込まれています。

テキストエディタには、ショートコードを出力するボタンも設置しています。

ビジュアルエディタやテキストエディタに慣れているという人は、このプラグインをインストールしてください。

注意事項

ただし、Classic Editorプラグインのサポートは2021年末までとなっています。

それまでにブロックエディタを使えるようにしておくことをおすすめします。

SNS Count Cache

STREETISTはSNS Count Cacheに対応しています。

SNSのシェア数をブログに表示させたい場合、このプラグインをインストールしてください。